バックの付属品ブランドというのは安価な物ではありませんよね。また色々と悩んだ末に新しく購入した革財布はできるだけ長持ちさせたいですよね。特にレザー製品は革製品と違って大切に扱うのであればお手入れを欠かす事はできません。そこで今回はブランド革財布長持ちさせる方法を説明します。また綺麗に保つ事で不要になった時に高価買取を行える可能性もありますので、ぜひ参考にしてください。

長持ちさせる方法

【むやみに物を詰め込まない】

誰もが新しい財布を購入したら古い財布から小銭やカードを移し替えますよね。気持ちはわかりますが、急に全部詰め込むと革自体に圧がかかり革が伸びきってしまいます。大量の小銭やカードがある場合は少しつづ入れるようにして財布を慣れさせる必要があります。また、あまりにも最初に物を入れ過ぎると革が痛むだけでなく型崩れしてしまう事もあります。そんな事になってしまうとせっかく購入したブランド財布が台無しになってしまうので、財布がパンパンになるまで物を入れる事は止めましょう。

【濡れたらすぐに拭こう】

革製品というのは濡れたり、渇いたりを繰り返すと革が伸び縮みして型崩れの原因となってしまい、最悪の場合は色落ちに繋がります。なので「雨で濡れてしまった」という時はすぐに拭き取る事が大事です。また、ビショビショに濡れた時に拭き取ってからドライヤーなどで急激に乾燥させる事や直射日光で乾燥させる事は痛む原因となってしまうので絶対に行わないでください。

【毎日使おう】

財布は毎日使わないと水分や油分が失われる可能性があります。その成分が失われてしまうと革が固くなってしまいますので毎日使って空気に触れさせる事で水分や油分が失われるを抑えるので外の空気に触れさせることが大事になってきます。

【まとめ】

いかがでしたか?このように財布に気を使って大切に扱う事で長持ちし、買取査定を行う時などに高額査定される可能性だってありますので大事に扱いましょう。