時計を分解している光景ブランド時計を長年使っていると多少の時間のズレや故障などが出てきます。そんな時にはオーバーホールすると良いでしょう。しかしオーバーホールを行う時に一番気になるのが金額です。高級ブランド時計のオメガ・ロレックスでさえも数十万かかりますので、メンテナンス費は誰でも抑えたいですよね。そこで今回は時計のオーバーホールに関する金額や魅力をお伝えします。

時計のメンテナンスについて

【機械式時計の相場】

機械式時計のオーバーホールの相場というのは大体「2万~5万」の間と言われています。しかし、これはモデル・ブランド・時計の状態によって変動します。またオーバーホールというのは分解掃除の事なので分解から始まり、洗浄・調整・注油・組立・最終点検の工程で行われます。この一連の作業を行う事を知ればそれなりの金額になっても仕方がなく納得するでしょう。しかし、その中で機械部分に破損があればその分の別途料金が発生しますので注意が必要です。

【オーバーホールはどこでするの?】

オーバーホールを行う場所は大きく分けて「時計専門修理店」「メーカー修理」の二つに分かれます。その中でロレックスの場合は日本ロレックスで行われ、オメガの場合はスウォッチで行われます。一方でインターネットで商売を行っているお店もあり、その形態は様々です。

【安ければいいの?】

安ければいいという問題ではありません。今の時代は安さをウリにしている業者は沢山あります。しかし、安ければそれだけきちんとしたオーバーホールが行われずに短期間でまた故障をしてしまう事があります。なので多少料金が高くてもきちんと直してくれる業者に依頼しましょう。

【まとめ】

オーバーホールというのは基本的に3年~5年周期で行うのが理想です。しかし中には時計自体のコンディションが悪い場合もあり3年に持たずに故障する時計もあります。そんな時計のコンディションを判断する時に確認する場所は「時刻のズレ」です。時間のズレが気になった時にオーバーホールを行うと良いでしょう。